血糖値を下げる方法とは

近年、日本でも食事が欧米化となり、甘いお菓子やジュースもたくさん摂取するようになってきました。

それに伴い、私たちの体は常に肥満や病気と隣り合わせの生活が続いています。

食事をすることによって上昇した血糖値を下げるために、体はインシュリンを分泌します。

それで人間の体はバランスを取り、正常に保っています。

しかし、そのバランスが崩れた時、肥満になったり、病気になったりします。

上がった血糖値を下げる方法にはどんなものがあるのでしょうか。

まず考えられるのは、食事による方法です。

この食事療法には、3つの方法があります。

①食事をする時の摂取カロリーをコントロールする、カロリー制限②血糖値を上昇させる唯一の栄養素である糖質を摂らない、糖質制限③あらかじめ食事をするとどれぐらい血糖値が上昇するかを確認して、それに合う量のインシュリンを注射するか、運動をして調節する、カーボカウントです。

どの方法を実践するかは、その人が太っているのか、痩せているのか、持病があるのかなどを考え上で最適な方法を選びます。

食事による血糖値を下げる方法以外で、手軽にできるのが運動による方法です。

運動の中でも有酸素運動は、体の中にたくさんの酸素を入れながら運動することによって、血液中のブドウ糖を使ってエネルギーを消費します。

それによって効率よく血糖値を下げることができるのです。

しかし、いざスポーツジムへ通うとなると、金銭面やスポーツジムまで通うことを考えると、億劫になりがちで続けることが難しくなるという人も多いのではないでしょうか。

そこで、誰でも実践することができるのが、ウォーキングです。

ウォーキングは有酸素運動ですし、コレステロールなども下げてくれるという嬉しいおまけつきです。

いつ運動を行えば良いのかというと、一番血糖値が上がる時に始めるのが良いとされています。

食事の後の30分から1時間の間に行いましょう。

30分のウォーキングでも効果があるとされています。

そして続けることが大切ですので、日課にできるように頑張ってください。

その他の血糖値を下げるための方法や運動の仕方なども詳しく記載されたサイトがありますので参考にしてください。

血糖値を下げるための基本情報を知っておこう